「腹帯の巻き方講座」開講のごあいさつ

 このたび私たちは、助産師として妊婦様の安心で思い出深い妊娠生活を手助けするべく、 ご妊娠の様々な疑問にお答えするとともに、妊婦帯の巻き方をお伝えする講座の企画をいたしました。

 幸運にも安産信仰で名高い水天宮様に会場を提供していただき、このたび講座を開講することができました。
 水天宮様は帯が安産の信仰の由来となっており、その由緒から帯を御守として授与されておいでです。 本講座では、御守としてお受けになった御子守(みすず)帯を正しく巻くことができるようご指導させていただきます。

 現代では、普段着として洋服が主流となり、妊婦帯としてはガードルやコルセットなどが普及したため、 帯を巻いたことがないという方も多いようです。帯の効用を知る助産師としては、ぜひ実際に巻いて頂き、 その良さを実感して頂きたいと思います。
 昔から伝わる晒木綿の帯は、実用としてはもちろんのこと 古くからの伝統を踏襲する「帯祝い」として巻くことで良い思い出にもなります。
 参加は無料でございます。開講日程をご確認の上、 ぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。